Web建設技術報告会

令和2年度 建設技術報告会について

建設技術報告会は、北陸地方における建設事業の円滑な推進を図るため、官公庁及び民間の建設会社において、新たに研究開発された新技術、新工法等を報告することにより、研究開発技術の普及を図る事を目的として平成7年度から開催しており、今回で25回目となります。
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、会場での開催は中止させていただきましたが、その代替えとして、会場にて報告予定だった16技術のうち13技術の方からご協力をいただき、Web配信でビデオをご視聴いただけることとなりました。

令和2年度 建設技術報告会 プログラム

テーマ 技術番号 報告技術名 発 表 者 所  属
1金沢港におけるICT浚渫工の取り組みについて市川 大聖国土交通省 北陸地方整備局 金沢港湾・空港整備事務所
2プレキャスト桟橋工法~桟橋工事の生産性を向上~池野 勝哉五洋建設株式会社
3水中3D誘導システムの現場への適用鈴木 敦子株式会社本間組
4N-Jet工法の開発竹内 仁哉日特建設株式会社
53眼カメラを用いた配筋検査システムの妙高大橋架替下部その4工事における有効性評価吉武 謙二清水建設株式会社
6ICT活用による除雪トラックのマシンコントロール化小浦方 一彦国土交通省 北陸地方整備局 北陸技術事務所
7i-Construction 施工段階での3次元データの利活用河村 昭株式会社植木組
8流電陽極方式鋼材腐食緩和工法(Znカートリッジ)の実装研究亀田 浩昭株式会社国土開発センター
9傾斜監視クラウドシステム「OKIPPA104」の開発鶴田 大毅西松建設株式会社
10専用架台と2種類のカメラを用いた集水井内の点検高澤 忠司株式会社興和
11桟橋鋼管杭補修技術「タフリードPJ工法」の改良田中 亮一東亜建設工業株式会社
12遺構に配慮した金沢城公園 鼠多門・鼠多門橋の復元整備中垣 学石川県土木部
13金沢港機能強化整備事業甲部 正章石川県金沢港湾事務所

【報告テーマ】

本プログラムは、予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
また、本プログラム内容と報文集(報告技術)に掲載された論文数と異なります。ご了承ください。
報文集(一括ダウンロード) 【PDF:25MB】

Webビデオ配信について

〇申込み期間

2020/12/14(月) 09:00 ~ 2021/1/15(金) 23:59

〇申込み方法

〇聴講についての注意事項

〇視聴条件等

配信日

主催

北陸地方建設事業推進協議会  令和2年度「建設技術報告会」実行委員会

■お問い合わせ先

北陸地⽅建設事業推進協議会 令和2年度「建設技術報告会」実⾏委員会 事務局
E-mail :master@kensetsuーhoukokukai.info